HOME > Q&Aコーナー

Q&A一覧

2つの病院、機能の違いはあるの?

先進のトータルケアシステムの理想を実現するために、福岡動物医療センターグループは『動物医療センター春日』と『福岡動物医療センター』の2院で構成しています。
この2院は、コンピュータシステムで結ばれ、迅速な対応と詳細なデータ管理を実践しており、必ずどちらかの院が受診できます。
私たちの考えるトータルケアシステムとは、内科・外科・眼科など各分野にわたり専門医師を配し、経験豊かなエキスパートによる院内専門医制度を実現することです。
そのために、動物医療センター春日では、マルチホールを設け、各種講習会、研究会、飼い方教室、しつけ教室、交流サロンなどを開催し、地域コミュニケーションやカルチャーのお役に立ちたいと、微力ながら力を尽くしております。
また、当グループでは医療設備を高度に充実させ、動物臨床医学の発達、ME(メディカル・エレクトロニクス)機器の高度化、検査システムの進歩を実現しました。
もちろん、スタッフ全員が高度な技術と経験を持ち、アニマルドクターとしての誇りと情熱でかけがえのない「仲間」であり「家族」である動物たちと、飼い主のために、慈愛に満ちた医療活動と研鑽を積んでおります。

うちのペットが入院しています。入院中の看護はどうしているんですか?

入院した動物は、毎日、体温・便・尿が記録され、病気に応じて必要な身体検査・治療が行われます。
また、必要であれば飼い主さまと相談の上、便・尿の検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、心電図検査、細胞診、感受性テストなどを行うことができます。
治療については、1日数回にわたっての抗生物質療法や輸液療法、強制給餌、酸素吸入、輸血など適切な回数、量で行います。
また、重症の場合は、緊急な状態に対処するためや、定期的に電解質チェックをするために、静脈内にカテーテルを挿入、自動輸液装置を使用して24時間点滴療法を行います。
入院中の食餌については、最新の獣医学に基づき、それぞれの病状(心臓病・腎臓病・消化器病・肥満など)に合わせた特別処方食が用意されます。退院後も引き続きこの特別食が必要な場合は、獣医師と相談して与えてください。
入院は、重症の患者さまのみならず、遠方または通院が難しい方にもご利用いただけます。
1日2500円~(治療代別)

同じドクターに診てもらいたいのですが、獣医師が変わることに意味があるのですか?

まず答えをいうと、ズバリ、複数の獣医師が診た方が動物のためです。
当グループでは、開業以来一貫してアメリカ型チーム医療を取り入れてきました。
1頭の動物に対し、数人の獣医師が診察を行うことで、POMR方式という日本では特殊なカルテを作成します。
別々のドクターで一つのカルテを作っていくと、以下のような利点があるのです。
1.見落としはないか?
2.合併症はないか?
3.治療法の変更はないか?
4.新たな問題点はないか?
このように、ひとりの獣医師の思い込みにより、間違った診断や治療をしたりすることを未然に防ぎ、また、数人のドクターで1頭の病気についてディスカッションすることができるのです。

なぜ検査するの?料金も心配です。

動物は自分で症状や具合を説明することができません。
また、伝染病から単なる胃腸疾患まで、病気の幅は限りなく広いので、その病気を絞り込んで適切な治療を行うために、最低限必要な検査をしなくてはならないのです。これをCBC(ルーチン検査)といいます。
このCBCで異常が見つかれば、さらに内視鏡や心電図などで病気を特定する場合もあります。特殊検査については、飼い主さまにご相談の上で実施いたします。
例えば、とりあえず治療をして、それでも悪化する、もしくは改善しなければ検査を希望する飼い主さまもいらっしゃいますし、または手遅れにならないうちに、病気を特定して欲しいと希望される飼い主さまもいらっしゃいます。
できるだけ飼い主さまのご希望に添った形で検査や治療を行いますので、遠慮なくご相談ください。また、料金の説明はその時に受けてください。

病院なのに、なぜ「ホテル」と「美容」?

「ホテル」→動物は自分で不調を訴えることができません。動物たちの身体の異常を発見するには、「獣医師」「看護師」の能力が必要です。
ホテルは1日ないし数日を過ごしていただく場所です。もちろん最良の食餌、運動、環境も提供しなければなりません。そのためには、病院の設備、医療スタッフは必ず必要だと考えてホテルを作りました。
感染防止、病気の早期発見、体調の悪い動物のお預かりは、別室で獣医師の管理のもと、入院で預かることも可能です。
ホテル+介護施設の併用は、健康な動物にとっても、体調不良の動物にとっても最良であると思います。

「美容」→美容もヘルスケアの一環です。ですから、お預かり前に簡単な身体一般検査を行います。持病のある場合や、ノミ寄生、皮膚病など、身体の異常があればはすぐに治療することが可能なのは、病院が併設されているからこそです。
また、薬浴もでき、皮膚病に合ったシャンプーを使い分けることで、シャンプーだけで治る皮膚病もあるのです。
トリミングは、病気の早期発見や予防に有効ですので、「ホテル」や「美容」を快適にご利用いただくために、病院の併設が必要なのです。